陶彩々

函館のギャラリー「はこだて工芸舎」、札幌のギャラリー「Pots of ポッツ オブ」、そして堂前守人の展示会情報をお伝えします。

「はるり銀花」展 蔵の街 川越から

プリント
蔵が並ぶ町並みで有名な埼玉県川越市。
「はるり銀花」はその蔵の中の一画にあるちいさなギャラリー。
店内には陶器から洋服、小物までところ狭しと並んでいます。
今回は地元川越のお菓子から工芸品まで、「はるり銀花」が函館初登場の作品をご紹介します。
店主の清水雅子さんも8日・9日・10日と在廊します。
ひとけの無い街並が観光客で溢れるようになった川越の町。
そんな話もぜひお聴きください。
 
会期/2014年8月8日[金]〜8月19日[火]
会場/はこだて工芸舎 (新店舗)
〒040-0053 函館市末広町8-8
tel/fax 0138-22-7706
※P6台有り
(am11:00〜pm6:00)
 
【出品作家】
野村レイ子(草木ろうけつ染めの箱)、竹倉美香(しんちゅうのアクセサリー)、高嶋真理(シルバーのアクセサリー)、昼神佳代(服・帽子)、武藤守広(服)、星野環(吹きガラス)、吉野晃司(吹きガラス)、坂志津江(トンボ玉)、太田憲(寄せ木細工)、池沢朗子(タッチングレース)、太田明子(ビーズアクセサリー)、北口由紀子(手編みの靴下)、渡辺和子(布小物)、沖田恵子(布小物)、との岡みよ子(創作人形)、若林恵理(皮 こもの)

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

COMMENTS