陶彩々

函館のギャラリー「はこだて工芸舎」、札幌のギャラリー「Pots of ポッツ オブ」、そして堂前守人の展示会情報をお伝えします。

Monthly Archives : 2月, 2016

《第13回》日本のKOUGEI 砥部焼まつり展

12craft_A4_face01
 
13craft_A4_back01

日本のKOUGEI 砥部焼まつり

はこだて工芸舎の主催する日本のKOUGEI展も今回で13回目を迎えます。
様々な地域の工芸を紹介する工芸展ですが、今回は砥部がテーマです。
砥部焼は愛媛を代表する工芸品で、30年前ほどに流行の最先端のスチュワーデス達がこぞって買い揃えたのが人気の始まり。
使いやすく、丈夫で手ごろな値段と丸みのあるやさしい形の器は根強い人気を持ち続けています。
日本各地の工芸品とともに、愛媛の特産品もご紹介します。

会期/2016年2月24日[水]〜 3月1日[火]
会場/函館市地域交流まちづくりセンター 

2階フリースペース(am10:00〜pm7:00)
函館市末広町4番19号 TEL.0138-22-9700(駐車場有り)

キリム・イランの織物・ラグ展 / 世界に一つの糸を紡ぎ出す

kougeisya160213

キリム・イランの織物・ラグ展

古くから伝わる手織りにキリムは長い伝統を感じさせる落ち着きがあります。
対照的なギャッベは明るさと、温かさを感じるラグです。
同じ地域で織られる対照的な敷物をご覧下さい。

会期/2016年2月12日[金]〜 2月23日[火]
 

世界に一つの糸を紡ぎ出す

歴史的にも絶対に作れないといわれていた極細のモヘア糸を作り出し、世界に認められた佐藤正樹さんの糸作りへの一途な気持ちが作り出したニットをご覧下さい。

会期/2016年2月23日[火]〜 3月3日[木]
 
会場/はこだて工芸舎 (新店舗)
〒040-0053 函館市末広町8-8
tel/fax 0138-22-7706
※P6台有り
(am11:00〜pm6:00)

着物ギャラリーふくし 三代紬祭り

kimono
札幌の着物ギャラリーふくし さんが、はこだて工芸舎にやって来ます。
日本の伝統である着物を今につなげて行くため、アンティークやリサイクルの着物を各地で紹介しています。

会期/2016年2月5日[金]〜 2月16日[火]
※会期中ふくしさんが在廊して色々なアドバイスもしてくれます。
また、染み抜きの相談や着物の買取もしてくれます。

 
会場/はこだて工芸舎 (新店舗)
〒040-0053 函館市末広町8-8
tel/fax 0138-22-7706
※P6台有り
(am10:00〜pm6:00)